HOME / ブログ / 電気代節約 / オール電化住宅の電気代を徹底解説!5つの節約術も併せて紹介!

blog

ブログ

オール電化住宅の電気代を徹底解説!5つの節約術も併せて紹介!

公開日:
2024.01.17

「オール電化に切り替えたいけれど、電気代が心配…」

オール電化を検討しているけど、導入コストや電気代に不安を感じている方もいるのではないでしょうか?

実は、オール電化住宅は、電気とガスを併用する住宅に比べて、電気代は高くなりますが、トータルの光熱費は安くなるんです。

しかし、安くなると聞いても実際の電気代を見てみないと判断ができませんよね。

そこで、この記事ではオール電化の概要、電気代や電気ガス併用住宅との比較などについて解説していきます。


特に、これからオール電化に切り替えを考えている家庭や、既にオール電化を導入しているが電気代をもっと抑えたいと考えている方に、おすすめの記事です。


オール電化住宅で、賢く快適な生活を手に入れたい方、電気代を安くしたい方は、ぜひ参考にしてください。

オール電化ってなに?電気代への影響を解説

ここでは、以下の内容について解説していきます。

  • オール電化とは?
  • オール電化にすると電気代はどう変わる?
  • オール電化の住宅設備

それぞれ、確認していきましょう。

オール電化とは?

オール電化とは、家庭で使うエネルギーのすべてを、電力で賄うシステムのことです。

オール電化ではない住宅では、ガスコンロ、ガス給湯器やストーブなど、ガスや灯油を使ってエネルギーを生み出していますが、オール電化住宅では、IHクッキングヒーター、エコキュート、エアコンなど、電気のみが使用されます。

オール電化は、火を使わないため安全性が高く、一酸化炭素中毒のリスクがないなど、多くのメリットがあります。

また、再生可能エネルギーの利用拡大とともに、環境に優しい選択肢としても注目されています。

オール電化にすると電気代はどう変わる?

オール電化にすると、ガスや灯油などの代わりに電気を使用するため、電気代が高くなってしまいます。

しかし、電力量1kWhあたりの電気代で見てみると、オール電化住宅のほうが、電気・ガス併用住宅に比べて、安くなるケースが多いです。

オール電化専用の料金プランを契約したり、効率的に家電を使ったり、夜間の安い電力を利用することで、電気代を安くすることが可能です。

オール電化の住宅設備

オール電化住宅では、IHクッキングヒーター、エコキュート、電気式床暖房などが利用されます。

ガスや灯油を使う設備に比べて、安全性が高く、メンテナンスも簡単です。

また、エコキュートは、従来の給湯器に比べて大幅に電気代を節約できるため、深夜電力プランを併用することで、オール電化住宅のコストパフォーマンスをかなり高められます。

オール電化住宅の電気代

オール電化住宅の電気代は、家庭の大きさ、使用する家電、生活スタイルによって異なります。

オール電化住宅における、世帯別電気代の平均額は、以下のとおりです。

世帯数オール電化住宅の電気代
1人10,777円
2人13,406円
3人14,835円
4人以上16,533円

参考:関西電力「オール電化世帯人数別の電気代平均額

表からわかるとおり、世帯数が増えるごとに電気代が高くなっていることが分かります。

1人暮らしと4人家族では、家電の大きさや消費電力が異なるためです。

世帯数が増えると、家族がそれぞれの部屋で過ごすことも多く、それぞれが家電を使用するため、電気代は高くなります。

オール電化住宅と電気ガス併用住宅の電気代を比較!

電気ガス併用住宅とオール電化住宅の光熱費を比較した表は、以下のとおりです。

世帯数電気ガス併用住宅の光熱費オール電化住宅の電気代
電気代ガス代その他合計
1人5,482円3,001円651円9,134円10,777円
2人9,183円4,330円1,311円14,824円13,406円
3人10,655円4,930円1,169円16,754円14,835円
4人以上11,836円4,903円878円17,617円16,533円

参考:関西電力「オール電化世帯人数別の電気代平均額

オール電化住宅と電気ガス併用住宅では、電気代の計算方法が異なります。

オール電化住宅では電気のみの使用となるため、電気代は全体的に高くなる傾向がありますが、ガス代や灯油代がかからないため、トータルのエネルギーコストは低く抑えられます。

一方、電気ガス併用住宅では、ガス代が別にかかりますが、電気代自体はオール電化住宅に比べて低くなることが一般的です。

トータルの光熱費で比べると、オール電化住宅の方が安くなるケースが多いです。。

オール電化向けプランと通常プランの電気代を比較!

各電力会社では、さまざまな料金プランが提供されていますが、オール電化住宅では専用のプランがおすすめです。

オール電化向けプランでは、通常の電気料金プランと比較して、夜間の電気代が安く設定されていることが多いです。

電気の使用を夜間に集中させれば、電気代を効率的に節約できます。

オール電化向けプランと通常プランを比較した表は、以下のとおりです。

電力会社通常プラン電力量料金 (1kWh)オール電化住宅向けプラン電力量料金 (1kWh)
東京電力30.81円(16kWh〜120kWh)※スタンダードA28.06円(午前1時〜午前6時)※スマートライフS
idemitsu電気30.00円(120kWhまで)※くらしのためのSプラン28.06円(午前1時〜午前6時)※オール電化プラン
コスモでんき30.00円(120kWhまで)※スタンダード15.37円(23時〜翌7時)※ポイントプラスオール電化

通常のプランより、オール電化住宅向けのプランのほうが、安くなっていることがわかります。

オール電化住宅で電気代を節約する3つの方法

オール電化住宅で、電気代を節約するための方法は以下のとおりです。

  • 消費電力が大きい家電を夜間に使う
  • 住宅の断熱性能を高める
  • オール電化に特化したプランを契約する

それぞれ、確認していきましょう。

方法①消費電力が大きい家電を夜間に使う

夜間の電気代が安いオール電化向けプランを契約し、エコキュートや食器乾洗機などの消費電力が大きい家電を夜間に使うことで、電気代を節約できます。

方法②住宅の断熱性能を高める

家の断熱性能を高めることで、大幅に電力を削減できます。

断熱性能が高い家は、エネルギーロスが少なくなるため、エアコンなどの稼働時間が減り、設定温度を通常より抑えられるからです。

窓の二重サッシ、断熱材の追加や遮熱カーテンの使用などが、効果的です。

方法③オール電化に特化したプランを契約する

電力会社によっては、オール電化住宅向けの料金プランを提供しています。

通常のプランより、消費電力に対する電気代が安くなるように設定されているので、節電に期待できます。

電力会社を決めるときは、オール電化に特化したプランをいくつかピックアップして、自分のライフスタイルに合った電力会社を選ぶようにしましょう。

オール電化プランで賢く電気を使って電気代を安くしよう!

オール電化にするのは、効果があまり分からず悩んでしまいますよね。

特に、電気代はずっと支払っていくものなので、大きなポイントだと思います。

この記事では、オール電化住宅と電気ガス併用住宅との電気代の比較や、節電対策について紹介しました。

オール電化住宅は、電気ガス廃用住宅と比べて、電気代は高くなりますが、トータルの光熱費は安くなります。

また、オール電化住宅に特化したプランを契約すれば、電気代を大幅に抑えることができます。

オール電化で、毎日の生活をより良くする一歩を踏み出してみてください!

SHARE