HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代節約の常識!クレジットカード払いのメリット・デメリットとは?

blog

ブログ

電気代節約の常識!クレジットカード払いのメリット・デメリットとは?

公開日:
2024.01.17

毎月の電気代は、どうやって支払っていますか?

電気代を支払う方法は、口座振替、振込用紙やクレジットカードがあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、特におすすめなのが、クレジットカード払いです。

クレジットカード払いは、自動で引き落とされて、ポイントが獲得できるというメリットがあります。

便利なクレジットカード払いですが、実はデメリットもあります。

そこでこの記事では、電気代の支払い方法の特徴と、クレジットカード払いのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

電気代の支払い方法に迷っている方、クレジットカード払いを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

電気代を支払う3つの方法

電気代を支払うには、以下のような方法があります。

  • 口座振替
  • 振込用紙
  • クレジットカード

それぞれ、確認していきましょう。

方法①口座振替

口座振替は、毎月の電気代を、金融機関の口座から自動的に引き落とす方法です。

自動引き落としのため、支払いを忘れる心配がありません。

電力会社によっては、口座振替を利用すると割引サービスがあり、東京電力では、毎月55円の割引がされます。

ただし、口座振替割引を廃止している電力会社もあるため、契約時には確認するようにしましょう。

また、金融機関からの口座引き落としなので、ポイント還元がないという点も注意が必要です。

方法②振込用紙

振込用紙は、銀行、郵便局やコンビニエンスストアで、直接支払う方法です。

支払い日を自分で選べ、現金で電気代を支払います。

しかし、毎月の支払いを自分で確認していなければ、忘れてしまう可能性があります。

方法③クレジットカード

クレジットカード払いのメリットは、便利さとポイント還元です。

カード会社で決められている日付に、自動で電気料金が引き落とされるので、電気代の支払い忘れがなくなります。

毎月の電気代をどれだけ支払っているかを確認できるので、家計管理は簡単です。

また、電気代を支払いながら、使用額に応じてポイントが貯まり、他の支出に使うことができます。

電気代をクレジットカードで支払う4つのメリット

電気代をクレジットカードで支払うときのメリットは、以下のとおりです。

  • 支払い忘れや滞納がなくなる
  • ポイントが貯めやすい
  • 家計管理がしやすい
  • カードの利用実績がたまる

それぞれ、確認していきましょう。

メリット①支払い忘れや滞納がなくなる

クレジットカードでの支払いは、自動化されているため、支払い忘れや滞納のリスクが大幅になくなります。

自動で支払われているため、支払い忘れによる延滞料金の発生や、電気の供給停止の心配がなくなり、安心して支払いを管理できます。

メリット②ポイントが貯めやすい

多くのクレジットカードでは、支払った金額に対してポイントが還元されます。

電気代の支払いをクレジットカードでおこなうことで、各種ポイントを効率的に貯められます。

貯まったポイントは、ショッピングやサービスの割引、翌月以降の電気代の支払いなどに使うことが可能です。

メリット③家計管理がしやすい

クレジットカードの明細を確認すれば、電気代を含んだ家計の支出を、一目で確認でき、家計管理が簡単にすることが可能です。

電気代、ガス代や通信費など、さまざまな支出を1つのアカウントで管理できるため、支出を分析し、お金に関する計画を立てやすくなります。

また、オンラインバンキングやアプリを使えば、リアルタイムで支出状況を確認することもできます。

メリット④カードの利用実績がたまる

定期的にクレジットカードを使って、電気代を支払うことで、クレジットカードの利用実績が貯まります。

利用実績を貯めることで、カードの限度額を増やせ、よりハイレベルなカードへ切り替えることが可能です。

延滞などがなければ、信用情報の信頼性は高くなり、住宅ローンなどの金融機関での審査にも、通りやすくなります。

電気代をクレジットカードで支払う4つのデメリット

電気代をクレジットカードで支払うときのデメリットは、以下のとおりです。

  • 口座振替割引が適用されない
  • 利用限度額に注意が必要になる
  • 電気代の支払いでポイント還元率が低くなるカードがある
  • クレジットカードを更新・変更したときは手続きが必要になる

それぞれ、確認していきましょう。

デメリット①口座振替割引が適用されない

一部の電力会社では、口座振替割引がありますが、クレジットカードで電気代を支払う場合は、割引が適用されません。

しかし、割引額は毎月55円程度(東京電力)です。

電気代を安くしたいなら、口座割引より効果がある節電対策があるので、すぐに実施することがおすすめです。

デメリット②利用限度額に注意が必要になる

クレジットカードは、利用限度額が設定されています。

高額な電気代を支払うときや、他の多額な支出もクレジットカードでおこなっている場合は、限度額に到達してしまうと、必要な支出や緊急時の支払いができなくなる可能性があるので、注意が必要です。

デメリット③電気代の支払いでポイント還元率が低くなるカードがある

クレジットカードの種類によっては、電気代の支払いに対して、ポイント還元率が低く設定されている場合があります。

通常の利用であれば、100円で1ポイント(1.0%の還元率)ですが、公共料金の支払いでは500円で1ポイント(0.2%の還元率)に下がる場合もあります。

クレジットカードを選ぶときには、電気代の支払いに対するポイント還元率を確認しておきましょう。

デメリット④クレジットカードを更新・変更したときは手続きが必要になる

クレジットカードの有効期限が切れたり、新しいカードに切りかえたりした場合、支払い情報を更新しなければいけません。

クレジットカードの情報を更新しなければ、引き落としがされず支払いが滞る可能性があります。

カードの紛失、盗難や有効期限の切れなど、更新のときには、すぐに電力会社へ新しいカード情報を提供し、支払い情報を更新しましょう。

クレジットカード支払いに変更するには?

電気代をクレジットカード払いに変更する方法は、以下のとおりです。

  • クレジットカード会社のウェブサイトで登録手続きをおこなう
  • 電気会社に連絡してクレジットカードでの支払いに変更する

ただし、手続きをしてもすぐに変更されるわけではなく、電力会社によっては、数日から1ヶ月ほどかかることもあります。

支払い期限が迫っているときに手続きをおこなうと、滞納通知が届くことがあるので、余裕をもって変更しましょう。

よくある質問

ここでは、よくある質問について回答していきます。

Q1:電気代の支払い方法には何がある?

電気代の支払い方法には、口座振替、振込用紙、クレジットカードがあります。

Q2:クレジットカードで電気代を支払うメリットは?

クレジットカードで電気代を支払うメリットは、以下のとおりです。

  • 支払い忘れや滞納がなくなる
  • ポイントが貯めやすい
  • 家計管理がしやすい
  • カードの利用実績がたまる

Q3:電気代を払うにはクレジットカードと口座振替のどちらが良い?

電気代の支払い方法は、個人の状況によりますが、クレジットカードがおすすめです。

口座振替は、自動引き落としで支払い忘れがありませんが、クレジットカードの方が多くのメリットがあります。

電気代の支払いはクレジットカードがお得!

電気代の支払い方法は、口座振替、振込用紙、クレジットカードがありました。

それぞれ、メリットとデメリットがあり、個々のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶことが重要ですが、特におすすめなのは、クレジットカード払いです。

クレジットカード払いは、支払いを忘れることがなくなり、ポイント還元・家計管理の面で利便性が高いです。

カードの更新や変更時には、手続きが必要になりますが、電力会社やクレジットカード会社に連絡するだけなので、とても簡単です。

電気代の支払い方法を選ぶときには、さまざま点を考慮し、自分にとって最適な方法を選ぶようにしましょう。

SHARE