HOME / ブログ / 電気代節約 / 電気代を賢く節約!時間帯別に家電を使って電気代を安くしよう!

blog

ブログ

電気代を賢く節約!時間帯別に家電を使って電気代を安くしよう!

公開日:
2024.01.17

「毎月の電気代、もう少し節約したい」

電気代の請求書を見るたび、このように思うことはありませんか?

最近では、電気を作るための燃料費が高騰しているため、電気代も高くなる一方です。

電気代は、深夜割引が適用されるプランに契約し、使用電力が大きい家電を使うことで、大きく節約できます。

この記事では、電気代を節約するための具体的な方法や、各電力会社の料金プランを比較し、自分のライフスタイルに合った最適なプランの選び方について解説していきます。

電気代を節約したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【電気代が変わる時間帯】ピークタイムとオフピークタイムとは?

電気代は、家電を使う時間帯によって大きく変動します。

「ピークタイム」と「オフピークタイム」と呼ばれる、電気代の価格が異なる時間帯があるためです。

ピークタイムとは、電力需要が高い朝と夕方の時間帯を指し、電気を多く使うと、電気代が高くなります。

オフピークタイムとは、電力需要が低い夜間、早朝や昼間の一部の時間帯を指し、この時間帯で電気を使うと、電気代は安くなります。

ピークタイムの特徴とその影響

ピークタイムでは、多くの家庭や企業が電気を使用するため、電力供給に大きな負荷がかかります。

電力会社は、ピークタイムに高い料金を設定することで、電力の使用を抑制しています。

例えば、平日の朝7時から10時、夕方17時から21時までがピークタイムにあたることが多く、洗濯機やエアコンなどの大型家電を使用すると、電気代が高くなる可能性があります。

オフピークタイムの利点と活用方法

オフピークタイムは、夜間や早朝などの時間帯のことを指し、電力需要が低いため電気代が安くなる時間帯です。

この時間帯を上手く利用することで、電気代を節約できます。

洗濯乾燥機、食洗機や電気温水器などの、電力を大きく消費する家電をオフピークタイムに使うと節電に効果的です。

電気代が安くなる時間帯の料金はどれくらい?

電気代が安くなる時間帯、特にオフピークタイムの料金は、地域や電力会社によって異なりますが、一般的にはピークタイムよりもかなり割安に設定されています。

以下は、東京電力の深夜割引プラン「夜トク8」の詳細です。

基本料金(1kw)電力量料金(1kw)
230.67円AM7:00〜PM11:00PM11:00〜AM7:00
42.80円31.84円

参考:東京電力

表のとおり、東京電力の深夜割引プランでは、ピークタイムの電気代が1kWhあたり42.80円であるのに対し、オフピークタイムでは31.84円程度に設定されていることが分かります。

このように、時間帯によって電気代が大きく変わるため、家電の使用はオフピークタイムにすることで、月々の電気代を大幅に節約することが可能です。

【おすすめ】深夜割引プランを提供している電力会社

ここでは、深夜割引プランを提供している3つの電力会社と、料金プランについて紹介していきます。

電力自由化により、多くの電力会社がさまざまな料金プランを提供していますが、各プランを比較することで、自分のライフスタイルに最適なものを選べます。

おすすめの電力会社と深夜割引プランは、以下のとおりです。

  • 東京電力「夜トクプラン」
  • シン・エナジー「​​生活フィットプラン」
  • ミツウロコ「とくとくナイト」

各プランの特徴を確認していきましょう。

①東京電力「夜トクプラン」

東京電力の「夜トクプラン」は、夜間の電気使用に特化した料金プランです。

夜の11時から翌朝7時までの電気代が割引される「夜トク8」と、夜の9時から翌朝9時までの電気代が割引される「夜トク12」の2種類のプランがあります。

深夜に家電を使用したり、オール電化住宅に住む方におすすめです。

【夜トク8電力量料金】

午前7時~午後11時42.80円/kWh
午後11時〜午前7時31.84円/kWh

引用:東京電力

【夜トク12電力量料金】

午前9時~午後9時44.36円/kWh
午後9時〜午前9時33.53円/kWh

引用:東京電力

②シン・エナジー「​​【夜】生活フィットプラン」

シン・エナジーの「​​【夜】生活フィットプラン」は、夜間の電気代を割安に設定したプランです。

このプランは、夜間に家にいる時間が長い方や、夜間に家電を多く使うライフスタイルの方におすすめです。

【電力量料金】

デイタイム(平日9時~16時)26.25円/kWh
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32.65円/kWh
ナイトタイム(平日23時~翌日6時)18.88円/kWh

引用:シン・エナジー

③ミツウロコ「とくとくナイト」

ミツウロコの「とくとくナイト」プランは、深夜の電気代を大幅に割引するプランです。

このプランは、深夜帯に電気を多く使用する家庭や、夜勤などで夜間に活動する方に最適です。

【とくとくナイト8電力量料金】

デイ(午前7時~午後11時41.52円/kWh
ナイト(午後11時~翌午前7時)31.84円/kWh

引用:ミツウロコでんき

【とくとくナイト12電力量料金】

デイ(午前9時~午後9時)44.03円/kWh
ナイト(午後9時〜午前9時)33.53円/kWh

引用:ミツウロコでんき

各プランの料金比較

それぞれのプランの料金を、比較してみましょう。

電力会社/プラン名ピーク時料金(1kw)オフピーク時料金(1kw)
東京電力「夜トク8」42.80円31.84円
シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」※東京エリア26.25円18.88円
ミツウロコ「とくとくナイト8」41.52円31.84円

表のとおり、どの電力会社も、オフピーク時には1kwに対する電気代が安くなっていることがわかります。

また、各電力会社によっても料金に違いがあります。

電力会社を選ぶときは、自分が住んでいる地域に対応している電力会社を検索して比較をおこない、料金ができるだけ安い会社を選ぶようにしましょう。

時間帯によって家電を使い分け電気代を安くする方法

電気代を節約するには、家電の使用を時間帯に応じて調整することが、とても効果的です。

ここでは、そのためのステップをご紹介します。

ステップ①消費電力が大きい家電を把握する

使用している家電のなかで、消費電力が大きいものを把握しましょう。

一般的に、エアコン、電気温水器、洗濯機、乾燥機、食洗機などが多くの電力を消費します。

ステップ②時間帯に応じて家電を使う

ステップ①で把握した、電力使用が大きい家電をオフピークタイム、特に深夜割引が適用される時間帯に使用しましょう。

洗濯機や食洗機はタイマーを設定して深夜に稼働させたり、電気温水器も夜間に温水を沸かす設定にしておくことで、電気代を安くできます。

よくある質問

Q1:ピークタイムとオフピークタイムとは、具体的にどの時間帯を指すの?

ピークタイムとオフピークタイムは、電力会社や地域によって異なりますが、一般的には下記の通りです。

・ピークタイム:朝の7時から夕方の22時まで

・オフピークタイム:夜の22時から翌朝の7時まで

Q2:深夜に電気代が安くなるプランを使うにはどうすればいいの?

深夜に電気代を安くするには、深夜割引が適用されるプランに契約しましょう。

多くの電力会社が、さまざまな深夜割引プランを提供しているので、自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶのがおすすめです。

Q3:深夜割引を最大限に活用する方法はある?

深夜割引を最大限に活用するためには、消費電力が大きい家電の使用を、夜間に集中させましょう。

例えば、洗濯機や食洗機、電気温水器などはタイマーを設定して、深夜に稼働させると良いです。

時間帯を味方につけて電気代を賢く節約しよう!

この記事では、電気代を節約するために、深夜割引プランと契約したり、時間帯別に家電を使用する方法について解説しました。

以下に、この記事の内容をまとめます。

  • ピークタイムは電気代が高く、オフピークタイムは電気代が安くなる
  • 消費電力が大きいエアコンや洗濯機などの家電は、オフピークタイムに使用することで電気代を節約できる
  • 各電力会社の料金プランを比較し、自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶ

これらのポイントを上手く活用して、賢く電気代を節約し、快適な生活を送りましょう。

SHARE