HOME / ブログ / 電気代の計算方法とは?仕組みを知って安くする方法を解説

blog

ブログ

電気代の計算方法とは?仕組みを知って安くする方法を解説

公開日:
2023.11.29

電気代は、毎月の生活費の中でも大きな割合を占めるものです。しかし、電気代の計算方法や仕組みを知っている人は少ないのではないでしょうか?

電気代は、どのように決まるのでしょうか?そして、電気代を安くする方法はあるのでしょうか?今回は、そういったポイントを詳しく解説していきます。

電気代を計算するための必要な情報

電気代を計算する際は、次のような情報が必要になります。

・電気料金プラン

・電気使用量

・ 電気料金単価

また、電気代は次のような式で計算することができます。

「電気代=電気使用量×電気料金単価」

電気代は、電気料金プラン、電気使用量、電気料金単価の3つの要素によって決まります。

それぞれの要素について理解し、自分の電気代を正しく把握することが大切です。また、節約や省エネのためには、無駄な電気使用を減らすことが効果的です。

ここからは、この3つの要素について詳しく見ていきましょう。

電気料金プラン

電気料金プランとは、電力会社が提供する電気の料金体系のことです。

電気料金プランには、従量電灯や時間帯別電灯など、さまざまな種類があります。また、電気料金プランによって、電気使用量や時間帯に応じて電気料金単価が変わります。

自分の家庭の電気使用状況に合った電気料金プランを選ぶことで、電気代を節約することが可能です。

電気使用量

電気使用量とは、一定期間(通常は1ヶ月)に使用した電気の量のことです。電気使用量は、電力会社から送られてくる電気料金の請求書や、自宅の電力メーターで確認することができます。電気使用量は、kWhという単位で表されます。

kWhとは、1kWの電力を1時間使ったときのエネルギー量です。例えば、100Wの電球を10時間つけた場合、その電気使用量は1kWhになります。

電気料金単価

電気料金単価とは、1kWhあたりの電気料金のことです。

電気料金単価は、電力会社や地域、契約内容、時間帯などによって異なります。

一般的には、夜間や休日などの需要が低い時間帯は、昼間や平日などの需要が高い時間帯よりも、電気料金単価が安くなっています。

また、自由化された市場では、複数の電力会社から自分に合った電気料金プランを選ぶことも可能です。

電気代を計算する方法 電気代 = 電気料金プラン × 電気使用量 × 電気料金単価

以上の情報をもとに、以下の式で自分の家庭の電気代を計算することができます。

「電気代 = 電気料金プラン × 電気使用量(kWh) × 電気料金単価」

例えば、電気料金プランが1 kWhあたり20円で、使用量が100 kWhである場合、電気代は次のように計算できます。

電気代 = 20円/kWh × 100kWh = 2000円

電気料金プランごとの電気代の計算について

電気料金プランは、電力会社や契約内容によって異なりますが、一般的には次のような種類があります。

・従量電灯

・時間帯別電灯

・深夜電力

・エコキュート

・太陽光発電

従量電灯

従量電灯は、使用した電力量に応じて電気代が決まるプランです。

一般的には、電力量が多いほど単価が高くなる階段型の料金体系になっています。従量電灯のメリットは、節約すれば電気代を抑えられることです。

デメリットは、使用量が増えると電気代が高くなることです。

また、季節や時間帯によって使用量が変動するため、電気代の予測がしにくいこともあります。

従量電灯の電気代は、以下の式で計算できます。

「電気代= 基本料金 + 従量料金」

時間帯別電灯

時間帯別電灯は、一日をいくつかの時間帯に分けてそれぞれの時間帯で単価が異なるプランです。

一般的には、昼間や夕方などの需要が高い時間帯は単価が高く、深夜や早朝などの需要が低い時間帯は単価が低くなっています。

時間帯別電灯のメリットは、使用する時間帯によって電気代を節約できることです。デメリットは、使用する時間帯に制限があることです。

また、料金体系が複雑で理解しにくいこともあります。

時間帯別電灯の電気代は、以下の式で計算できます。

「電気代 = 基本料金 + 昼間の従量料金 + 夕方の従量料金 + 深夜の従量料金 + 早朝の従量料金」

深夜電力

深夜電力は、深夜から早朝までの時間帯に限って、通常よりも安い単価で電力を供給するプランです。

一般的には、午後11時から翌朝7時までの8時間が対象となっています。深夜電力のメリットは、深夜に大量の電力を使用する家庭や事業所にとって電気代を大幅に節約できることです。

デメリットは、深夜以外の時間帯では通常料金と同じかそれ以上の単価になることです。

また、深夜電力を利用するためには専用のメーターを設置する必要があることもあります。

深夜電力の電気代は、以下の式で計算できます。

「電気代 = 深夜の従量料金」

エコキュート

エコキュートは、空気中の熱を利用して給湯するシステムです。

利用するためには、専用の給湯器を設置する必要があります。エコキュートのメリットは、ガスや灯油などの化石燃料を使わずに温水を作れることです。

これにより、CO2排出量を削減できます。また、エコキュートでは深夜電力を利用して給湯することが多いため、給湯費用も安くなります。

デメリットは、専用の給湯器や配管などの設備費用が高いことです。

また、冬場などの気温が低い時期には効率が落ちることもあります。

エコキュートの電気代は、以下の式で計算できます。

「電気代 = 深夜の従量料金 × エコキュートの消費電力(kWh)」

太陽光発電

太陽光発電は、太陽光を直接電気エネルギーに変換するシステムです。

太陽光発電を利用するためには、専用のパネルやインバーターなどの機器を設置する必要があります。太陽光発電のメリットは、自家発電できることです。

これにより、電気代を節約することが可能です。また、余剰電力を電力会社に売電することもできます。

さらに、太陽光発電は再生可能エネルギーであるため、環境にやさしいです。

デメリットは、設備費用が高いことや、天候や季節によって発電量が変動することなどが挙げられます。

太陽光発電の電気代は、以下の式で計算できます。

「電気代 = 基本料金 + 従量料金 – 売電収入」

【電気代の計算】電気使用量を減らす方法

電気代は毎月の家計に大きな負担となっています。

電気代を節約するには、電気使用量を減らすことが必要です。

電気使用量を減らす方法はいくつかありますが、ここでは代表的なものを紹介します。

・省エネ家電の使用

・無駄な電気を使わないようにする

・エアコンの設定温度を上げる

・照明をこまめに消す

・パソコンやテレビの電源をこまめに切る

省エネ家電の使用

省エネ家電とは、消費電力が少なく効率的に動作する家電のことです。

省エネ家電を使用することで、同じ機能を果たしながらも電気使用量を抑えることができます。

例えば、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などの大型家電は、省エネタイプのものに買い替えると電気代が大幅に節約することが可能です。

また、テレビやパソコンなどの小型家電も、省エネモードや節電モードを利用すると、消費電力を下げることができます。

無駄な電気を使わないようにする

無駄な電気とは、必要以上に使っている電気のことです。

無駄な電気を使わないようにするには、自分の生活習慣を見直すことが大切です。例えば、部屋を出るときや寝る前には、必ず照明やコンセントを切るようにしましょう。

また、使っていない家電や充電器なども、コンセントから抜くようにしましょう。これらの小さな工夫で、無駄な待機電力をカットすることができます。

エアコンの設定温度を上げる

エアコンは夏場に欠かせない家電ですが、同時に最も多くの電気を消費する家電でもあります。

エアコンの設定温度を上げることで、冷房効果を少し下げても快適さは保ちつつ、消費電力を減らすことが可能です。

一般的には、室温と設定温度の差が1℃小さくなるごとに消費電力は約10%節約できると言われています。

したがって、設定温度を28℃から27℃に下げるだけでも、かなりの節約効果が期待できるでしょう。

照明をこまめに消す

照明は日常生活に必要不可欠なものですが、使わないときに消すことでかなりの電気代を節約できます。

特に夜間や昼間でも暗い部屋では、照明の使用時間が長くなりがちです。そこで、照明をこまめに消すことが重要です。

例えば、部屋ごとに必要な明るさを調整したり、天井照明ではなくデスクライトや間接照明を使ったりすることで、照明の消費電力を下げることができます。

パソコンやテレビの電源をこまめに切る

パソコンやテレビは、使わないときにもスタンバイモードで電力を消費しています。

そのため、使わないときは必ずコンセントから抜くか、タップのスイッチを切るようにしましょう。

ひとつひとつは小さな金額ですが、家電や機器が多いほど節約になります。

電気料金を節約する方法

電気料金を節約するには、次の方法が良いとされています。

・電力会社を変更する

・電力会社が提供する割引サービスを受ける

・太陽光発電を導入する

これらの方法を活用して、毎月の家計を節約しましょう。

電力会社を変更する

2016年4月から、電力自由化が始まりました。

これにより、従来の地域の電力会社以外にも、多くの新規参入者が電力市場に参入しました。

これらの新規参入者は、従来の電力会社よりも安い料金やオリジナルのサービスを提供しています。

例えば、エコな電気やポイント還元などです。電力会社を変更するには、インターネットや電話で申し込みをするだけで簡単です。

また、契約期間や違約金などの制約も少ないので、自分のニーズに合わせて自由に選ぶことができます。

電力会社が提供する割引サービスを受ける

電力会社によっては、特定の条件を満たすと割引サービスを受けることができます。

例えば、時間帯別料金制度やピークシフト制度などです。

時間帯別料金制度とは、時間帯によって料金が異なる制度です。昼間や夜間などの需要が低い時間帯は料金が安くなります。

ピークシフト制度とは、需要が高い時間帯に使用する電気量を減らすことで割引を受ける制度です。

これらの制度を利用することで、自分のライフスタイルに合わせて電気使用量を調整し、電気料金を節約することができます。

太陽光発電を導入する

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する発電方法です。

太陽光発電システムを自宅に設置することで、自分で発電した電気を使用することが可能です。また、余った電気は電力会社に売ることもできます。

これにより、売電収入が得られます。

太陽光発電システムの導入には初期費用がかかりますが、長期的に見ればコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

さらに、太陽光発電は環境に優しいエネルギー源でもあるため、今後ますます普及していくと考えられています。

電気代を計算する際の注意点

電気代は毎月の家計に大きな影響を与えるものです。

電気代を正しく計算するためには、以下の3つの注意点を押さえておく必要があります。

・電気料金プランは毎年変更される可能性がある

・電気使用量は電力会社から送付される検針票で確認する

・電気料金単価は電力会社によって異なる

電気料金プランは毎年変更される可能性がある

電気料金プランとは、電力会社が提供する電気料金の仕組みのことです。

電気料金プランには、基本料金や従量料金、時間帯別料金などが含まれます。電気料金プランは、電力市場の状況や需要と供給のバランスによって、毎年変更される可能性があります。

そのため、自分の家庭の電気使用状況に合った最適なプランを選ぶことが重要です。

電力会社のウェブサイトやカスタマーサービスに問い合わせることで、現在の電気料金プランや変更予定を確認することができます。

電気使用量は電力会社から送付される検針票で確認する

電気使用量とは、一定期間内に使用した電気の量のことです。

電気使用量は、電力会社から送付される検針票で確認することができます。

検針票には、前回と今回の検針日やメーターの指針、使用量や使用期間などが記載されているため、検針票をもとに自分の家庭の電気使用パターンや節約効果を把握することができます。

電気料金単価は電力会社によって異なる

電気料金単価とは、1kWhあたりの電気料金のことです。

電気料金単価は電力会社によって異なり、同じ地域であっても電力会社によって異なる場合もあります。

そのため、各社の料金単価を比較することで、より安い料金で電気を利用することができるでしょう。

また、契約容量や時間帯別料金なども影響します。自分の家庭の契約容量や使用時間帯に応じて、最もお得な料金単価を選ぶことができます。

電気代の計算方法のまとめ

電気代の計算方法を知ることで、節約のための工夫やプランの見直しなどができます。

自分の家庭の電気使用状況を把握し、適切な電気代を支払いましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/