HOME / ブログ / 電気代を安くしたい!実際に安くなった節約方法8選

blog

ブログ

電気代を安くしたい!実際に安くなった節約方法8選

公開日:
2023.11.29

電気代は、毎月の家計に大きな負担となっているかもしれません。

特に夏や冬などの暑さや寒さが厳しい時期には、エアコンや暖房器具を使うことで、電気代が高くなりがちです。

しかし、電気代を安くする方法はたくさんあります。この記事では、電気代の節約に役立つ情報をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

電気代を安くしたい時にすべき節約方法の選び方

電気代を安くするには、どのような節約方法が効果的なのでしょうか?

ここからは、電気代を安くしたい時にすべき節約方法の選び方を3つご紹介します。

・電気代のプランから考える

・電気使用量の削減方法から考える

・自家発電を検討する

ひとつずつ見ていきましょう。

電気代のプランから考える

電気代を安くするためには、自分の家庭の電気使用量や使用時間に合ったプランを選ぶことが重要です。

一般的に、電気使用量が多い場合は基本料金が高くても従量料金が安いプランがお得です。

逆に、電気使用量が少ない場合は基本料が安く、従量料金が高いプランがお得です。

また、夜間や休日などに電気を多く使う場合は、時間帯別料金制のプランを利用すると節約できるでしょう。

このように、自分のライフスタイルやニーズに合わせて、最適な電力会社やプランを比較検討するのがおすすめです。

電気使用量の削減方法から考える

日常生活での電気使用量の削減方法を考えることも、電気代の節約に効果的です。例えば、以下のようなことを心がけましょう。

・照明は必要な部屋だけ点ける

・エアコンや暖房器具は適切な温度設定やタイマー機能を利用する

・冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は省エネ性能の高いものを選ぶ

・充電器やテレビなどの待機電力を切る

・太陽光や風通しを利用して自然に室内を明るくしたり涼しくしたりする

単純なポイントですが、積み重ねることで大きな節約効果が期待できます。

また、エコポイントやエコキュートなどの制度も利用してみると良いでしょう。

自家発電を検討する

電気代を安くするためには自家発電を検討することも一つの方法です。

自家発電とは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを利用して自分で電気を作ることです。

自分の家庭で使うのはもちろん、余った分を売電することもできるので、家計の助けになるでしょう。

売電する場合は、固定価格買取制度(FIT)や余剰電力買取制度(NET)などの制度を利用すると、一定の収入を得ることができます。

電気代の節約はもちろん環境への配慮や災害時の備えにもなるので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

電気代を安くする節約方法8選

電気代を安くするためには、いくつかの節約方法があります。

・電気料金プランの見直し

・省エネ家電への買い替え

・電気使用量の削減

・照明をこまめに消す

・エアコンの設定温度を上げる

・洗濯物をまとめて洗う

・電気ポットの使用を控える

・パソコンやテレビの電源をこまめに切る

ひとつずつ見ていきましょう。

電気料金プランの見直し

まず、電気料金プランを見直すことが重要です。

電力会社やプランによって、料金体系や割引制度が異なります。自分の家庭の電気使用パターンに合ったプランを選ぶことで、無駄な料金を払わずに済むでしょう。

例えば、時間帯別料金プランでは、昼間よりも夜間や休日の方が料金が安くなっています。

夜間や休日に電気を多く使う人は、このプランに変更することで節約できる可能性が高いです。

また、自由化された電力市場では、様々な新規参入者が競争しています。他社と比較してみることで、よりお得なプランが見つかるかもしれません。

省エネ家電への買い替え

省エネ家電への買い替えも節約方法の一つです。

家電は年々省エネ性能が向上しており、古い家電よりも新しい家電の方が消費電力が少ない場合が多いです。

特に、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどは長時間・長期間使う家電なので、省エネタイプに買い替えることで大きな節約効果が期待できます。

家電を購入する際には、エネルギー消費効率(EER)や年間消費電力量(kWh/年)などをチェックしてみましょう。

また、エコポイントや補助金などの制度を利用することで、購入費用を抑えることもできます。

電気使用量の削減

電気使用量を削減することも大切です。

日常生活で意識的に節電することで、無駄な電気代をカットすることができます。

例えば、テレビやパソコンなどの待機電力を減らすためには、コンセントから抜くかスイッチ付きのタップを使うと良いです。

また、洗濯機や食器洗い機などは一度にためて使うことで効率的に動かすことができます。

さらに、乾燥機やアイロンなどは必要最小限に使うか、自然乾燥やハンガー干しなどの代替方法を採用すると良いでしょう。

小さな心がけを大切にすることで、電気料金を削減できます。

照明をこまめに消す

照明をこまめに消すことも忘れずに行いましょう。

部屋を出るときや寝る前には、必ず照明を消す習慣をつけることが大切です。

また、昼間はカーテンを開けて自然光を利用することで、照明の使用時間を減らすことができます。また、照明器具や電球の種類にも注意しましょう。

一般的に、白熱電球や蛍光灯よりもLED電球の方が消費電力が少なく長持ちします。

照明器具も省エネタイプのものに交換することで、節約効果がさらに高まるでしょう。

エアコンの設定温度を上げる

エアコンの設定温度を上げることもおすすめです。

夏場は28度、冬場は20度程度に設定することで、快適さと節約効果を両立できます。エアコンを使う際には、余計な電力消費をさけるため、フィルターの掃除や風向きの調整なども行うのがおすすめです。

また、部屋の断熱性能を高めることで、エアコンの負担を減らすこともできます。

洗濯物をまとめて洗う

洗濯物を適度にまとめて洗うことで、洗濯機の回数を減らすことができます。洗濯機は電気を多く消費する家電の一つです。

できるだけ洗濯物はまとめて洗い、1人暮らしなどで洗濯物が少ないときは、洗濯機の容量に合わせて水量や洗剤量を調整することも大切です。

また、天気の良い日は乾燥機を使わずに干すことで、さらに電気代を節約できるでしょう。

電気ポットの使用を控える

電気ポットは便利な家電ですが、保温状態にしておくと意外と電気代がかかります。必要な分だけ沸かすようにしましょう。

また、お湯を沸かす際は、冷えた水ではなく常温の水を使うと、沸騰までの時間が短くなります。

パソコンやテレビの電源をこまめに切る

パソコンやテレビは、使っていないときでもスタンバイモードになっていると電気を消費してしまいます。

使わないときは必ず電源を切るようにしましょう。

また、コンセントから抜くことで、さらに消費電力を減らすことができます。

パソコンやテレビ以外にも、炊飯器やレンジなどの家電も同様に、できるだけ心がけると良いでしょう。

コンセントから抜くのが面倒な場合は、タップ式スイッチが付いたたこ足コンセントを使うのがおすすめです。

太陽光発電の導入

太陽光発電の導入は、家計の大きな助けとなるでしょう。

太陽光発電は、太陽の光を電気に変える装置で、発電した電気は自家消費できるだけではなく、余った分は売ることもできます。

販売価格はここ数年では下降傾向が見られるので、自家消費型が主流になりつつあります。

初期投資はかかってしまいますが、長い目で見れば電気代の高騰対策に有効な手段だと言えるでしょう。

大阪で5kWの太陽光発電を導入した場合の節約シミュレーション

大阪では、年間平均日照時間が約2300時間とやや高く、太陽光発電に適した地域です。

一般的な家庭で用いられる太陽光システムは5kWで、そのシステムの総費用は、1kWあたり30万円程度と仮定すると1,300,000円となります。

また、年間発電量は5kW×2300時間=11500kWhとなります。

このうち自家消費率が50%と仮定すると、自家消費電力量は5750kWhです。

自家消費した電力分の電気代は、1kWhあたり35円と仮定すると201,250円となります。

また、余剰電分の5750kWhを売電する収益は、1kWhあたり16円と仮定すると、92,000円です。

香川県で2kWの太陽光発電を導入した場合の節約シミュレーション

香川県では、年間平均日照時間が約2100時間とやや低く、太陽光発電に不利な地域です。

一般的な家庭で用いられる太陽光システムは5kWで、そのシステムの総費用は、1kWあたり30万円程度と仮定すると1,300,000円となります。

また、年間発電量は5kW×2100時間=10500kWhとなります。

このうち自家消費率が50%と仮定すると、自家消費電力量は5250kWhです。

自家消費した電力分の電気代は、1kWhあたり35円と仮定すると183,750円となります。

また、余剰電分の5250kWhを売電する収益は、1kWhあたり16円と仮定すると、84,000円です。

電気代を安くしたいときにすべき節約方法のまとめ 

ここ数年、電気代の値上がりにより家計が厳しいと感じている人は多いのではないでしょうか。

このような現状に対応するためには、改めて電気代のプランや削減方法などを見直し、賢くやりくりすることを意識することが大切です。

自家発電を検討するのも良いでしょう。電気代を安くする節約方法は、意外にも簡単に実践できるものも多いです。

毎日の生活に取り入れてみてください。少しの工夫で、毎月の電気代が大きく変わるかもしれません。

また、太陽光発電を導入するのもひとつのポイントです。太陽光発電のメリットやデメリットを考えた上で、ぜひ検討してみましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/