HOME / ブログ / 太陽光パネルの廃棄問題とは?原因と解決策を解説

blog

ブログ

太陽光パネルの廃棄問題とは?原因と解決策を解説

公開日:
2023.11.29

太陽光パネルはエネルギー源として注目されていますが、廃棄に関する問題も抱えています。

この記事では太陽光パネルの排気に関する情報を紹介していきます。

太陽光パネルの廃棄問題とは?

太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する装置です。

環境にやさしいとされる再生可能エネルギーの一種であり、日本では2012年から導入が促進されてきました。しかし、太陽光パネルは一定の寿命があり、使用できなくなったときにどう処分するかが問題になっています。

つまり、「太陽光パネルの廃棄問題」とは、太陽光パネルの大量発生と適切なリサイクル方法の不足によって引き起こされる環境や経済への悪影響のことです。

太陽光パネルの廃棄問題の原因3つ

太陽光パネルは、再生可能なエネルギー源として注目されていますが、廃棄問題も抱えています。太陽光パネルの廃棄問題の原因は主に3つあります。

①リサイクルコストがかかる

②有害物質の存在

③寿命を越えると大量の廃棄物が出る

順番に見ていきます。

リサイクルコストがかかる

太陽光パネルの廃棄問題の1つ目は、リサイクルコストがかかることです。

太陽光パネルは、ガラスやアルミニウムなどの金属やプラスチックなどの素材で構成されています。

これらの素材は再利用可能であり、リサイクルすることで資源の節約や二酸化炭素の排出削減に貢献できます。しかし、太陽光パネルをリサイクルするには、まず分解する必要があります。

分解する際には、特殊な機器や技術が必要であり、高いコストがかかります。また、リサイクルによって回収できる価値のある素材は限られており、リサイクルの収益は低いと言われています。

そのため、リサイクル業者は、太陽光パネルを引き取る際に高い処理費用を請求することが多く、廃棄する方が安く済むという状況が生まれています。

有害物質の存在

2つ目は、有害物質の存在です。太陽光パネルは、発電効率を高めるためにカドミウムや鉛などの重金属や有機化合物などの有害物質が含まれている場合があります。

これらの物質は、環境や人体に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、カドミウムは発がん性があるとされており、鉛は神経系や血液系に障害を引き起こすと言われています。

そのため、太陽光パネルを適切に処理しないと、土壌や水質の汚染や健康被害などのリスクが高まります。

寿命を超えると大量の廃棄物が出る

3つ目は、寿命を超えると大量の廃棄物が出ることです。

太陽光パネルの寿命は一般的に20年から30年と言われていますが、近年ではより長持ちするものも開発されています。

しかし、それでもいずれは劣化や故障などで使えなくなります。太陽光パネルの急速な普及に伴い廃棄のタイミングも重なる可能性が高く、日本では、2030年度には約80万トンに増えると予測されています。

このように、太陽光パネルの廃棄物は今後急増することが見込まれており、適切な処理方法や施設が不足しているという問題があります。

太陽光パネルの廃棄問題の解決策3つ

太陽光パネルは、再生可能エネルギーの一つとして注目されていますが、その一方で、寿命が来たときにどう処分するかという問題があります。

太陽光パネルは、ガラスや金属などの素材からなり、有害物質も含まれているため、一般的なごみとして捨てることはできません。

また、適切に処理しないと、環境や人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。そこで、太陽光パネルの廃棄問題の解決策として、次の3つの方法を紹介します。

①リサイクルに関する流れを理解する

②購入時に製品を適切に選択する

③太陽光パネルの廃棄業者に依頼する

リサイクルに関する流れを理解する

太陽光パネルのリサイクルは各自治体や業者によって対応が異なります。

しかし、家庭用太陽光パネルのリサイクルはいずれ義務化される予定です。

そのため、太陽光パネルを設置したり使用したりする際には、リサイクルに関する流れを事前に確認しておくことが重要です。

具体的には、以下の点をチェックしましょう。

・太陽光パネルの製造元や販売元がリサイクル制度を設けているかどうか

・太陽光パネルの回収や運搬にかかる費用や手続きは何か

・太陽光パネルのリサイクル率や再利用方法は何か

これらの情報を事前に把握しておき、太陽光パネルの廃棄時に困らないようにしましょう。

購入時に製品を適切に選択する

太陽光パネルの廃棄問題を解決するためには、購入時に製品を適切に選択することも大切です。

太陽光パネルには、種類や性能や寿命が異なるものがあります。

その中でも、特にリサイクルしやすいものや環境負荷が低いものを優先的に選ぶことが望ましいです。

例えば、以下のような特徴を持つ太陽光パネルを探してみましょう。

・有害物質を含まないか少ないこと

・高効率で長寿命であること

・モジュール化されていて分解しやすいこと

これらの特徴を持つ太陽光パネルは、廃棄時にリサイクルしやすく、環境への影響も小さくなります。

購入時は、できるだけ廃棄のしやすさや環境への配慮も視野に入れて太陽光パネルを選択しましょう。

太陽光パネルの廃棄業者に依頼する

太陽光パネルの廃棄問題を解決するためには、最終的には専門の廃棄業者に依頼することが必要です。

太陽光パネルの廃棄は、一般的なごみとして捨てることができないだけでなく、自分で分解したり処理したりすることも危険です。

そのため、太陽光パネルの廃棄は、必ず許可を持った廃棄業者に任せるようにしましょう。廃棄業者に依頼する際には、以下の点に注意しましょう。

・廃棄業者が太陽光パネルの回収や運搬を行っているかどうか

・廃棄業者が太陽光パネルのリサイクルや処分を行っているかどうか

・廃棄業者が太陽光パネルのリサイクル率や処分方法を明示しているかどうか

・廃棄業者が太陽光パネルの廃棄にかかる費用や手数料を提示しているかどうか

これらの点を確認しておくことで、太陽光パネルの廃棄を安心して任せることができます。

太陽光パネルの廃棄問題のまとめ

太陽光パネルは再生可能エネルギーの代表的な発電設備であり、ここ数年でさらに急速に普及してきました。

しかし、太陽光パネルには様々な廃棄問題が懸念されています。具体的には、リサイクルに関する問題や有害物質の問題、さらに、急速に普及したことで廃棄物も大量に出てしまうことなどが挙げられます。

購入時はリサイクルしやすいパネルを選んだり、廃棄する際は専門業者に依頼したりといった対策を取るようにしましょう。

SHARE

\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/
\LINE追加で電気代削減シミュレーション実施中/