HOME / ブログ / 電気代が高騰!オール電化住宅で行える5つの節電対策を徹底解説

blog

ブログ

電気代が高騰!オール電化住宅で行える5つの節電対策を徹底解説

公開日:
2024.02.14

最近、電気代の高騰が話題となっていますが、特にオール電化住宅に住んでいる方たちは、影響を大きく感じているのではないでしょうか。

この記事では、なぜオール電化の電気代が高騰しているのか、その背後にある燃料の高騰、再エネ賦課金の増加、電力不足といった、さまざまなな理由について解説していきます。

さらに、現在の電気代がどれほど高騰しているのか、そしていつ頃安くなるのかについても説明。

省エネ家電の利用、家電の賢い使い方、節電グッズの活用、太陽光発電や蓄電池の導入、そしてオール電化専用の電気料金プランへの切り替えなど、電気代を抑えるための具体的な方法についても紹介していきます。

オール電化住宅における、電気代節約に役立つ情報が満載です。

この記事を読んで、電気代の高騰に対抗する方法を学んでいきましょう!

オール電化の電気代が高騰した3つの理由

オール電化の電気代が高騰したのは、以下の理由が考えられます。

  • 燃料の高騰
  • 再エネ賦課金の増加
  • 電力不足

それぞれ、確認していきましょう。

理由①燃料の高騰

燃料費の高騰は、オール電化住宅における電気代高騰の1番の原因です。

東日本大震災以降、日本では原子力発電所の稼働率が低下しており、火力発電が電力供給の大部分を占めるようになりました。

火力発電には、石油や天然ガスなどの化石燃料が使用されており、これらの価格上昇が電気代に直結しています。

特に、新型コロナウイルスのパンデミックや、ロシア・ウクライナ紛争の影響によって、国際的な燃料価格が急騰。

電力会社は、燃料調整費としてのコストを消費者に負担せざるを得なくなったため、結果として、電気代が上昇しています。

理由②再エネ賦課金の増加

再生可能エネルギーの普及を支援するために導入された「再エネ賦課金」も、電気代の高騰に影響しています。

この賦課金は、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源からの電力を促進するために、全ての電力利用者が負担するものです。

2012年の導入以来、再エネ設備の普及に伴い、賦課金の単価はどんどん上昇しているため、電気代全体の高騰に関係しています。

理由③電力不足

電力不足もまた、電気代が高騰している要因の1つです。

2016年の電力自由化後、多くの新電力会社が参入しましたが、発電設備を持たずに市場から電力を購入しているため、電力供給が不安定になりがちです。

特に、寒波や自然災害時には電力需要が急増し、供給が追いつかないことがあります。

このような状況は、電力卸売市場での価格高騰を引き起こし、最終的には消費者の電気代高騰につながっています。

オール電化の電気代はどれくらい高騰している?

オール電化住宅の電気代は、ここ数年で顕著に上昇しています。

地域や使用量にもよりますが、一般的な家庭では、電気代が1.5倍以上に高騰しているケースも少なくありません。

例えば、関西電力では、2022年11月の燃料費調整費が1kWhあたり約8.71円に達しており、これは2021年11月の約0.45円/kWhから大幅に高騰しています。

このように、基本料金に加えて、燃料調整費や再エネ賦課金の上昇が重なり、オール電化住宅の電気代は、急速に高騰しているのです。

これらの数字からも明らかなように、オール電化住宅では、電気代の高騰による経済的な負担が強くなってきています。

オール電化の電気代はいつ安くなるの?

オール電化の電気代は、複数の要因が絡み合って決められているので、いつ安くなるかは一概に言えない状況です。

燃料費の高騰、再エネ賦課金の増加や電力供給の不安定さなど、電気代を押し上げる要素は多岐にわたります。

しかし、国際情勢の安定や再生可能エネルギー技術の進展、電力市場の改革などが進めば、中長期的には、電気代の安定化や低下に期待ができます。

また、政府や電力会社による激変緩和措置や、再エネ賦課金の見直しなどによっても、電気代が安くなる可能性があります。

今後も、電気代に関する情報をこまめにチェックしておくことが重要です。

オール電化で電気代を抑えるための5つの方法

オール電化で電気代を抑えるためには、以下の方法がおすすめです。

  • 省エネ家電を使う
  • 家電の使い方を見直す
  • 節電グッズを使う
  • 太陽光発電や蓄電池を導入する
  • オール電化専用の電気料金プランにする

それぞれ、確認していきましょう。

方法①省エネ家電を使う

省エネ家電の利用は、電気代節約の最も基本的な方法の1つです。

特に、エアコン、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、消費電力が大きいため、最新の省エネモデルへの買い替えは、大きな節約効果が期待できます。

省エネ性能の高い家電製品は、初期投資が必要ですが、長期的に見れば、電気代を節約できるため、経済的にもメリットが大きいです。

方法②家電の使い方を見直す

家電の使い方を見直すことも、電気代の節約に有効です。

例えば、エアコンを使用するときには、適切な温度設定を心がけることや、不使用時にはこまめに電源を切ることが重要です。

また、洗濯機や食洗機は、満タンになるまで待ってから使うことで、無駄な電力消費を減らすことができます。

方法③節電グッズを使う

節電グッズの活用も、電気代の節約に役立ちます。

LED電球への交換や、節電効果のある電源タップの使用などは、手軽に始められる節電対策です。

これらのグッズは、消費電力を抑える設計になっており、日常生活での電力使用量を減らすことができます。

方法④太陽光発電や蓄電池を導入する

太陽光発電システムや蓄電池の導入は、初期投資は高いですが、長期的には電気代の大幅な節約につながります。

自宅で発電した電力を使用することで、電力会社から購入する電力量を減らすことができ、電気代を節約できます。

また、余剰電力を電力会社に売電することで、収入を得ることも可能です。

方法⑤オール電化専用の電気料金プランにする

電力会社によっては、オール電化住宅向けの、特別な電気料金プランを提供しています。

オール電化専用プランは、夜間などの特定の時間帯に、電気を安く使用できる設定になっていて、電気代の節約に大きく貢献します。

自宅の電力使用状況に合わせて、最適な料金プランを選ぶことで、電気代を効果的に抑えることが可能です。

オール電化におすすめの新電力プラン

オール電化住宅の電気代を効果的に抑えるためには、新電力プランの選択が鍵です。

新電力プランは、従来の大手電力会社と比較して、より柔軟な料金設定やサービスを提供していることが多く、消費者のライフスタイルや電力使用量に合わせて最適なプランを選ぶことが可能です。

特に、オール電化住宅向けに設計されたプランでは、夜間の電力使用量が多い家庭向けに低料金で電力を提供するなど、電気代の節約に直結するメリットがあります。

新電力プランを選ぶときには、以下のポイントを考慮してみましょう。

  • 夜間料金の割引率:オール電化住宅は、夜間に電力を多く使用するため、夜間の料金割引が大きいプランを選ぶ
  • 基本料金と従量料金のバランス:使用電力量に応じて最も経済的なプランを選ぶ
  • 契約期間と解約料:長期契約を要求するプランの場合、解約料が発生しないか確認する
  • エコや再生可能エネルギーへの取り組み:環境に配慮した電力供給を重視する場合は、再生可能エネルギーを積極的に利用しているプランを選ぶ

オール電化の電気代が高騰したときは料金プランを見直そう!

オール電化の電気代が高騰している現状では、料金プランの見直しが、とても有効な節約策となります。

電気代の節約は、日々の節電努力だけでなく、より根本的な料金プランの選択によって大きな差が生まれます。

新電力プランを含め、市場にはさまざまな選択肢があるので、自宅の電力使用状況やライフスタイルに最適なプランを選ぶことで、電気代を安くすることが可能です。

SHARE